天鼓流な日記

2012年11月16日

第一回『赤ちゃん整体とお母さん整体』ワークショップ

第一回目無事終了〜
1回目の参加は2組、男の子と女の子ともに9ヶ月の赤ちゃんでした。

赤ちゃんは誕生時、子宮の収縮と産道を通る経過で強い緊張を受ける、これは出産の必然的な動作ですが、この動作がスムーズに経過したか、或は何らかのストレスが掛かったか、それは成長に何らかの影響を与えるかも知れません。

誕生後出来るだけ早いうちに、必要のない緊張を解除して行き、自然体に成長することを目的とした整体が、赤ちゃん整体なのです。
IMG_2121

 

とても素直な芯の強さを秘めた、赤ちゃんです。
頭の骨のつなぎ目 (縫合) の動きをやさしく触れて可動域正常化の施術をしています。
赤ちゃんはリラックして深い眠りに入っています。
自宅で、お母さんにも赤ちゃん整体を実践して頂きます。
簡単に出来る赤ちゃん整体をお母さんに指導して、毎日おうちで実践してもらうことによって、コンディションを維持して行きます。
そして、月に1〜2回赤ちゃん整体を施して状態を確認し、更にバランスを安定させて行くのです。

 



TOPページへ

Copyright tenku-do. All Rights Reserved.