天鼓流な日記

2011年10月02日

味噌開き

9月23日約9ヶ月経った味噌瓶を開けてみた。

周囲に味噌臭が漂っていたので、ぼちぼち出来たかなと思っていたこの2ヶ月、ようやく時間が出来たので開けてみると、この夏の暑さでどうなっていたかと思ったが、予想以上によく出来ていた。
塩はやや強いが味、香りともに満足のいく出来映え、これから熟成していくのが楽しみである。
うっかり写真を撮らなかったので、開けて1週間後の写真がこちら、白いのは黴で手前の瓶も同様に黴がたっていたが、これを混ぜ込んだ後
17-味噌開き1
こんな感じに黴が出る、でもこれがもっと味噌を美味しく熟成させるのである
18-味噌開き7日目
 
2011年10月02日

味噌作り

今年1月30日に、やろうやろうと思っていた味噌をついに仕込んだ

大豆を一晩冷やかし、圧力釜で茹であげ、これを丹念にすり潰し、麹と塩を混ぜ込み水を入れてよく練る、これを団子にして、瓶の中に空気が入らないように投げ込み、瓶の口を焼酎で消毒したら重しを乗せて蓋をして、後は寝かせるだけだ。
さて、どんな味噌が出来るかな・・・
14-味噌作り4
13-味噌作り312-味噌作り215-味噌作り玉16-味噌仕込み3

11-味噌仕込み2
2011年09月16日

玄関先から観た晩夏の夕景色

うちの玄関先から見た夕焼け少し前の西の空、最近綺麗な空や雲や夕焼けによく遭遇するのだけど、この汚されてしまったはずの地球は、なんでこんなに美しく見えるのだろうか・・

 
9-裏庭風景

2011年08月25日

夏休み

 
 
IMGP3831
8月4日 11歳になる息子”凱”と中央アルプス宝剣岳の稜線までトレッキング
去年は乗鞍岳に登った時よりずっとたくましくなった。こちらは毎年老いるばかりだが、彼は毎年成長するばかり・・まあそんなもんだ
2011年07月29日

ムクナともだち

31日は参加バンドの「ムクナともだち」の初のフルメンバーでのライヴである。
楽しみである。
場所は赤坂見附のクロウフィッシュCRAWFISH
ムクナ・チャカトゥンバ氏はコンゴ民主共和国の先祖代々パーカッショニストの子孫で、もう産まれた時からコンゴやボンゴを叩いていたというような生粋の太鼓叩き
パーカションの練習はした事がないという彼は、凄いグルーヴを気負いなど全くなく、ごく自然に溢れ出すように現していく
彼は云う、音楽をするという事はオーディエンスを楽しませるということ、皆が踊り出したくなるような御機嫌なグルーヴを演ること、Music is music いい音楽はジャンルなど問わない
僕は今迄経験して来なかった世界に飛び込んでとても楽しんでいる
勿論まだまだだけど、このグルーヴの世界をモノに出来たら、僕が昔、壁にぶち当たってリタイアする事になったその壁をもう一度乗り越える事が出来るのかも知れない
アフリカ人と日本人の混成ビッグバンド「ムクナともだち」の活動に来たいされたし!

恵比寿の整体院「天鼓堂」主人の天鼓流な日々を記すブログ

仏語にある真に正しい心根を持つ者のみが打ち鳴らすことの出来る太鼓「天鼓」から名付けられた整体院「天鼓堂 (tenku-do)」の主人が綴る日記です。
整体歴20年を越え、整体業と音楽活動を自由に楽しみつつ日々感じることなどを天鼓流に綴ります。
時々、家族旅行や様々趣味などもアップしております。
ご興味のある方は是非ご覧下さい。

JR恵比寿駅からすぐそばの整体院「天鼓堂」は、完全予約制です。
いつでも御予約を御待ちしております。



TOPページへ

Copyright tenku-do. All Rights Reserved.