天鼓流な日記

2011年06月06日

DUOというトライ

6月4日、行き着けの茶舗 (神田小川町) で3回目となるライヴを開催!

今回は、是迄のトリオ、カルテットに続き、デュオに挑戦した。
ギターと鍵盤、デュオというのは、お互いのみを観ることが出来るから、相手の行き方に自分が感応していく、或は自分が相手を引っ張って行く、とても自由でチャレンジングである。
結果は、やや不完全燃焼ながら、演奏中はとても楽しかった・・・しかし、帰って録音を聴いてみると、いやはやまだまだぜんぜんだなぁ・・・。
練習が足りないということは録音内容がはっきりと語っている。
音楽活動を再開してここ数年になるが、昔やっていた頃よりも、音楽になっては来ているが、腕は大分鈍っている・・10年のブランクはなかなかどうして一朝一夕な話ではないようである。
ともあれ今は音楽が出来る事がひたすら楽しいのだ
2011年05月27日

音楽活動について

音楽を始めたのは45年前になる。3歳からピアノを始めた、父親の仕事がピアノ教師だったからだと思う。自分からやりたいと言ったということだが、まあ3歳だものね・・・
小学校時代は神童かと期待されてたらしいけれど、次第に練習嫌いのさぼり屋で、その場の感で適当に弾いてばかりで好き嫌いがはっきりしてたからか、期待値も低くなり普通の人になった。高校に上がり両親の離婚をきっかけに一時ピアノから離れるも、他に取り柄の無い自分に不安になったのか再開、音大受験も考えたが高校卒業当時クラシック音楽以外に影響を受け、突然19歳上京しジャズミュージシャンを目指す。まあそれ以降約10年音楽活動を続ける訳だが、さるきっかけがありいきなり休止する。
2年程うろうろと彷徨う、何も決まらず阪神大震災の復興事業等でアルバイトしたりしつつ、31歳で整体の世界に入りしばらく音楽から離れる。
持っていた様々な鍵盤楽器を全て始末して10年間全く鍵盤に触れなかったが、仕事が軌道に乗り始めて、人生初の趣味として始めたハンググライダーの師匠に頼まれて、彼の知り合いのオカリナ奏者の伴奏をしたり最近は毎年参加している、茨城県八郷町のクラフトフェアで久しぶりに人前で演奏する。そんなある日音楽時代の旧友に再会し、少しずつ音楽に触れ直していくことになる。音楽から離れる際に示現寺のお上人が言った「いつか君は音楽に戻るだろうよ」という言葉通りに、音楽がどんどん生活に入って来るようになった最近である。

2011年05月26日

今食べるということ

確かに、未曾有の体験であろうかと思う。
正しい食品程リスクがあるという現実、つまり「旬」のモノは当然、直接太陽と風を浴びて育つ、この露地物が危ないのだという。逆に温室育ちの方がやや安全だという事実、やれやれだな

2011年05月24日

ブログ公開

某ホテル内のクリニックと業務提携していることで、今日迄自分のスペースでの整体はオフィシャルにはしていなかったのですが、いろいろありましてここに公開致します。
この未曾有の事態の渦中まっただ中で、開業するとは思いもよりませんでしたが、そろそろ自分の考えを表明していく時期かと覚悟してやっていこうと考えています。今後ともよろしくお願い申し上げます。 天鼓堂主 鈴木 さくや

恵比寿の整体院「天鼓堂」主人の天鼓流な日々を記すブログ

仏語にある真に正しい心根を持つ者のみが打ち鳴らすことの出来る太鼓「天鼓」から名付けられた整体院「天鼓堂 (tenku-do)」の主人が綴る日記です。
整体歴20年を越え、整体業と音楽活動を自由に楽しみつつ日々感じることなどを天鼓流に綴ります。
時々、家族旅行や様々趣味などもアップしております。
ご興味のある方は是非ご覧下さい。

JR恵比寿駅からすぐそばの整体院「天鼓堂」は、完全予約制です。
いつでも御予約を御待ちしております。



TOPページへ

Copyright tenku-do. All Rights Reserved.