カテゴリー

天鼓式に思索

2015年11月27日

内臓力を上げる整体

④右_R

 

 

 

「内臓力」

という言葉は、

私のオリジナルなのですが、

「内臓力」とは、人が健康に生き抜く為に最も大切な要素と言えるチカラです。

 

健康で丈夫な身体の特徴とは、高い基礎代謝と強い免疫力を持続することと言えるでしょう。

 

では何がその高さと強さを作るのでしょうか?

 

それは「内臓」が作ります。

 

つまり「内臓力」とは、内臓機能を効率よく使えるチカラのことを差します。

 

もちろん、心肺機能や筋力も大切ですが、それだけでは健康で丈夫な身体にはなりません。

ですので、沢山運動するから健康、筋力は強いから健康ということではないわけです。

普段デスクワークをしていて、あまり動かない生活が中心の方々でも、内臓力を上げれば、健康を維持出来るという訳です。

 

では、内臓機能を効率よく働かせる為には何が重要なのでしょうか?

 

そこには、大きく分けて二つの方向があります。

 

ひとつは、内臓の運動量効率です。

もうひとつは、内臓の機能的効率です。

 

内臓の運動量効率とは、内臓は消化吸収などの代謝をする時、その原動力の多くを呼吸する時の横隔膜の上下動を利用しています。

よく動く横隔膜は、内臓にチカラを与えるのです。

 

横隔膜の運動とは、腹式呼吸のことです。

座っていても呼吸はしますから、座位が適正な姿勢であれば、デスクワークしながらも内臓力を高められる訳です。

 

内臓の機能的効率とは、簡単に言うと、正しい食事の取り方とその質です。

人体は、食べた食事を代謝して生きているのですから、食事の取り方、質は大きく影響します。

 

食については長くなりますのでまた別の機会に記すとして、

 

人が健康に生きる為に必要な「内臓力」を高める身体を作る。

 

天鼓式整体法は、この「内臓力」を効率化することを主な目的としております。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
天鼓堂
http://tenku-do.jp/
住所:東京都渋谷区恵比寿4-3-10
中出センチュリーパーク301
TEL&FAX:03-6450-3949
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



TOPページへ

Copyright tenku-do. All Rights Reserved.