カテゴリー

天鼓式に思索

2016年10月13日

赤ちゃん整体師を増やそう!「赤ちゃん整体勉強会」

赤ちゃん整体勉強会

今年4月から有志が集って赤ちゃん整体勉強会を始めております。

赤ちゃん整体は、乳児期のわずかな時間に特に効果を発揮する施術です。

ですから赤ちゃん整体を学ぶには、生まれたての赤ちゃんがいないと出来ません・・・

今年3月に生まれた赤ちゃんを自ら産んだ母親整体師が赤ちゃん整体を実体験しながら学んでいます。

僕も最初に診た赤ちゃんは自らの息子でした。

息子は42週目を過ぎてやや大きくなり過ぎて生まれたので(3,840g)、頭が大きくなっていて初産の産道を通る時にかなり大変でした。

なかなか出て来ない息子の頭を医師が手で引っ張ったり回そうとしたりしているのをハラハラしながら目前で観ていたので、ようやく生まれた彼の頭の横に頭一つ分くらいの大きなコブ(腫れ)があるのを見た時これ大丈夫なんだろうか?とかなり不安に思いました。

医師に尋ねると「これはたんこぶですから2〜3日で腫れは引くので心配ないです」と言われました。

翌日には半分位に腫れは引いていましたが、触れてみるととても嫌がって泣き、腫れてる側に強い向き癖が出始めました。

これは成長に影響が出るなと直感し、なんとかその緊張を取ろうと試みました。

それから毎日彼に施術し続けて半年、徐々に緊張が取れていく様子や体軸が安定して成長していく様子など、試行錯誤しつつ沢山の事を経験し学びました。

現在息子は16歳、人としての成長はさておき..身体をとても良い状態で成長しています。

 

そして2009年にウェスト症候群の赤ちゃんを整体した時に、それは確信に変わりました。

生後13ヶ月で未だ首もすわらず、常にてんかん症状が続いているその子に赤ちゃん整体をすると、僅かに1日半だけでしたが、全身リラックスして人生最初の熟睡をし、親御さんに我が子を初めて抱っこ出来たと感謝された時でした。

 

乳児期の健康状態はその後の成長に大きく影響を及ぼします。

7歳迄の成長がスムーズに行くことは、その人生にとってかなりのアドバンテージだと思います。

2,500gで生まれた子が20年後には20倍の50kgになっていることを考えれば想像出来るのではないでしょうか?

 

そして、整体師や助産師が赤ちゃん整体師として活躍して、逞しい生命力を持った子供を社会に送り出して行く。

そして健康な人が増えて、元気な国作りに繋がって、医療費も削減出来て…

そんな壮大な夢を密かに抱きつつ...

赤ちゃん整体勉強会を続けて行きます。

 

ご興味のある方はどうぞご連絡下さいませ!

 

image

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
天鼓堂
http://tenku-do.jp/
住所:東京都渋谷区恵比寿4-3-10
中出センチュリーパーク301
TEL&FAX:03-6450-3949
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



TOPページへ

Copyright tenku-do. All Rights Reserved.